会津のラーメン(喜多方市)の最近の記事

喜多方市 「一平」

今日は喜2011021915330000.jpg多方市の一平に行って参りました!
最近まったくお邪魔しておらず、喜多方のラーメンが恋しくなっていたこの頃...
注文したのはじとじとラーメンと半チャン!
たまには背油で体に油を注さないと動けなくなってしまいますからね(笑)
内容については言わずものがな。安心の一平ヌクモリティ。ご馳走様ですm(__)m
心なしか味が薄くなったような気はしますが、それは私の年のせいでしょう(>_<)
恋しくなったらまた来ます by_riri

blog-photoまた来ました(^^ゞいろいろ食べ歩きましたが、ラーメンが食べたくて喜多方をふらふらするとここに落ち着いてしまいます。今日は塩チャーシュー麺を注文。基本的に小食でして、いつもチャーシューを乗せるか否か迷い、結局乗せないんですが...今日はイケると思いまして(>_<)あっさり塩スープがよく絡む麺、大好きなチャーシューを満喫。あぁ、今日も喜一は平常運行です。 by_riri


blog-photo狼麺会(老麺会ではないです)の三大喜多方ラーメンの一つに挙げている、あべ食堂で中華そば(600円)をいただきました。ホントにおいしい喜多方ラーメンで、喜多方ラーメンを初めて食べるという人に、勧める一店です。スープ、麺、具が三位一体となり、文句のつけようがありません。ラーメンはバランスと素材の味を引き出せているかが大切です。ラーメンが嫌いだった私を、ラーメン好きにしてくれた思い出の店でもあります。特筆すべきはチャーシュー。脂抜きされた豚バラ肉のチャーシューは、旨み、適度な歯ごたえ、味付けがされています。他店より多めの長ネギは、清涼感を残してくれます。大変おいしゅうございました。by wolf

blog-photo喜多方ラーメンでは常に上位ランキングに入る「はせがわ」に行ってきました。これで3度目。いつ行っても混んでます。あっさりとしたスープは最後の一滴までいただけます。スープがあっさりなので、麺を食べると物足りなさを感じます。しかし! チャーシューが濃いめの味付けなので、チャーシューと麺を一緒に食べるとちょうどいいです。結構年配の方が多いような気がするのは、あっさりした味付け故にでしょうか。大変おいしゅうございました。by wolf

喜多方市『喜一』赤玉

blog-photo 一日限定20食(だったと思う)の赤玉を何も知らずに注文しました。いつもは普通の醤油味のラーメンをいただきますが、この日はちょっとハイテンションで、いつもと違うものに手を出しました。テーブルに出されたラーメンは、塩ラーメンのように澄んだスープと真っ赤な味噌だま。なるほどそういうことかっ! 赤トウガラシを練り込んだ味噌を溶かしながら、いただくラーメンです。辛党の私でも辛いと感じる、目の覚めるいっぱいです。喜一のおいしさは、スープにもあるというのを改めで実感できました。by wolf

blog-photo新潟ラーメン周 遊記の続きです。相方が注文した「味噌チャーシュー麺」なんですが・・・。こいつぁスゲェや・・・。このチャーシューの乗り!!味噌ラーメンにも驚きまし たが、「チャーシュー」と言う言葉が付いただけでこの変わりよう。値段も据え置き850円!本気の企業努力。ジャンピング土下座もんですm(__)mスー プや麺にも文句なし。和玄、参りましたm(__)m by_riri

喜多方市 「喜一」

blog-photo毎度お馴染み、喜多方市の喜一に行ってまいりました!今回は一緒に行った相方と被せないよう、以前から気になっていました「熟成味噌ラーメン」を注文。麺やチャーシューは通常のモノを使用しているようですが、スープの表面にはチーズ・・・、でしょうか?酸味を少し感じるソースがかかっており、普通の味噌よりも軽いイメージ。やはり喜一さん、通常の味噌とはまた違った味わいです。今回詳しくは記入致しませんので、興味のある方は是非!後悔はさせません! by_riri

喜多方市「喜一」

blog-photoチャーシュー麺(850円)。喜一のラーメンは、幅広麺と、スープのコクと適度な油で食べた後に満足感がある。けっして、油っぽいのではなく、味そのものはあっさりしているとも言える。スープは一滴残らず飲んでしまった。スープ、麺、具のバランスが非常によいラーメン。食べ終わって会計をすませようとレジに向かうと、待っているお客がたくさんいた。by Wolf

blog-photo喜多方のツタヤ前にある「さくら亭」へ行ってきました。注文したのは、チャーシューメン(しょうゆ味)。魚系、肉系(鶏ガラベースだと思う)のスープは、味わい深く一滴の凝らず飲みほしました。豚バラのチャーシューは分厚くて、とてもやわらかく、味付けは、ほんのちょっと濃いめ。ごはんにのせて食べたら、絶妙! 麺、スープ、具(チャーシュー)が、かなりの高レベルでバランスがとれています。リオンドール、ツタヤがあるので駐車場の心配もいりません。by wolf

喜多方市居酒屋「日南」

blog-photo喜多方市緑町にある居酒屋「日南」は不況知らずなのかいつ飲み行ってもお客さんで賑わってます。この日は少し遅めで午後9時頃おじゃましたんですが、結構お客さんいました。近くにビジネスホテルもあることから仕事、観光のお客さんも見受けられます(^_^)/□☆□\(^_^)写真はマグロの赤身とトロのお造り!焼酎がすすみます(^ー^)料金 もリーズナブルなので安心して呑めるのがいいですね  by 万事屋

blog-photo朗報!アジアン食堂が朝ラー始めました(^~^)新メニューも加わり益々、進化してますね。注文したのは『山葵塩ラーメン』650円。なんとスープの出汁には「ある貝?」が使われているそうです(=^・^=)麺の上にはチャーシュー、メンマ、白髪ネギとミョウガ、そこに山葵が盛られ少量のごま油で風味付し、あっさりめの印象。食べてみるとそれぞれの味がケンカすることなく、山葵もミョウガも良いアクセントになりスープとの相性もバッチリ(^-^)v。朝ラーにピッタリのラーメンです!ハマります( ^ー^)σ"午前7時から営業ですので是非、食べに行ってみては?( ^o^)ρ(^0^ )アーン  by 万事屋

blog-photo久し振りにアジアン食堂に呑みに行って来ました。午後8時半頃、店内は2、3人のお客さんがラーメンを食べてる中、鶏皮の煮込みをつまみにホッピーで仕事の疲れを癒してました(*~ρ~)ふと、店内の壁を見ると張り紙が・・・ つづく by 万事屋

喜多方市 まこと食堂

blog-photo今日は、久しぶりの朝ラーを食べにまこと食堂にきました。おやじさんの「おはようございます!」いつもの交わす挨拶ですが朝から気分良いですね(^^)さらに嬉しいことに、焼きおにぎりのサービスもありビックリしました。期間、数量限定なのか確認取れませんでしたが、私自身初めての経験です。そしていつもの中華そば600円(麺かため、ネギ多め)を注文しました。馴染みの味でやっぱり美味いです。今朝は少し寒く、雪も降っていたのでより一層美味しくいただきました。ネギも別皿に盛られていて、所々に変化が感じられ企業努力を窺わせる日曜日の朝でした。 by 万事屋

喜多方市『あじ庵食堂』

blog-photo喜多方市マーケットにあります!知る人ぞ知る!!(最近はTVラーメン道にも出た)ラーメン屋『あじ庵食堂』さんに行ってきました。新商品【山葵塩ラーメン】¥650を頼んでみました!お隣りのお客さんも同じものを食べていた(^^)山葵もイヤミなく!ゴマ油と塩との相性バッチリ!!☆5つ!!! byニャゴロ

喜多方のラーメン『大喜』

blog-photo関柴町上高額にあります『大喜』に来ました(^o^)/写真は『みそチャーシューメン』800円!スープはあっさりしていて食が進みます(^u^)個人的には、暑い時期にはあっさりしたスープがいいですね(^_^;)チャーシューもトロトロです(>_<)あっさりしていて美味しいのですが、何かサイドメニューを頼んでおいた方がいいかもしれませんね・・・と、思うのは私だけでしょうか(^^ゞ最後の一滴まで飲み干し、美味しくいただきまいた(^(00)^) byメタ侍

blog-photo実はこのコッテリしたスープには背脂のほか、ある食材が入ってるんですよ(^-^)みなさんも食べる際は是非当ててみて下さい!(ヒントは野菜です) とても美味しかったです。 by万事屋

blog-photoみなさん、明けましてルネッサーンス!(( ^^)Y"Y(^^ ))2009年最初のラーメンは喜多方市マーケット内にある『アジアン食堂』で食べることにしました。実は、昨年のラーメンの食べ納めも"ここ"でした(笑) 早速、冬季限定新メニューの味噌中華そば『大地の力』850円をいただくことにしました。どんぶりではなく鉄鍋に入ったインパクトのある味噌ラーメンに少し驚きました(◎o◎)!スープの味は濃厚でコクのあるコッテリタイプの味噌ラーメンと言った感じ。しかも少々とろみがあるのにも拘らずクド過ぎず飽きのこない味ですね。トッピングなどの具材には地元農家から取り寄せた新鮮な野菜が使われ、地産地消にも取組んでおり、そんな若い店主に感心させられっぱなしです。

喜多方ラーメン『宗巌』

blog-photo今日は、つけそばで有名の店『宗巌』に来ました。さすがにこの時期は『つけそば』ではなく『中華そば』600円をいただきました。(o^-')bスープは豚骨醤油で魚介のだしがきいた、パンチのある味です。私は好きですねぇ~(*^_^*)つけそばもイケますが、中華そばも美味しかったですよ! by万事屋

喜多方ラーメン『こうへい』

blog-photo今日は『こうへい』に来ました。ここは地元の人が普通に食べに来る地域密着型のお店で、メニューが豊富なのと、具のトッピングなどアレンジ出来る為、学生さんなど若い人に人気です。私は、喜多方で唯一のブラック系の『漆黒ラーメン』550円を注文しました。 スープに石川県から取り寄せた醤油を使い、見た目、真っ黒で濃厚な感じですが、意外にあっさりした味にびっくりw(☆o◎)w むしろ、甘味さえ感じる和風テイストのスープでした。私は結構好きですねー(^-^) 是非、お試しあれ! by 万事屋

喜多方ラーメン『浜町食堂』

blog-photoゆう~べ眠~れずに~♪~~(-.-)『もうひとつの土曜日』でお馴染み浜田省吾(ハマショウ)ではなく、今日は『浜町食堂』に来ました。場所は中央通りの中程にあり、店の前にある「浜町のみそラーメン、カレーライス」と書かれた看板が目印!喜多方人なら誰でも知ってるキャッチフレーズです(笑)時代に迎合しないたたずまいは歴史を感じさせます。店内も同様で、昭和24年創業当時から使用してるであろうテーブルが幾つかありました。 ここで中華そばは食べてるんですが、看板メニューの『味噌ラーメン』も『カレーライス』も食べたことが無く今回初挑戦です。(^-^)v 早速、『味噌ラーメン』750円を注文しました。具は、キャベツ、ニラ、ニンジン、モヤシとみじん切りした豚肉を炒めた物。 スープは濃い味付で、野菜と麺ともよく絡み、表面に浮いた油で最後までアツアツで食べられました。(*^_^*) 最後に『MONEY』を払って帰りまーす! by 万事屋

blog-photoここアジアン食堂では、おつまみも凝ってます(^_^)お酒のつまみで『チャーシュー』を切ってもらいました。せいぜい、そのまま出すか、温めてネギをのせるか、私自身あまり期待はしていませんでした。ところがビックリ!出てきたものは、チャーシューにスープで作ったあんがかけられ、上に白髪ネギがのった斬新なもの(400円)とっても美味しかったです(*'-^)-☆つまみにも一手間かける御主人の姿勢に『ヤル気』を窺わせます(^ヘ^)v今日は『ホッピー』がすすみます( ^-^)旦 by 万事屋

blog-photo今日は予てから食べたかった新メニュー『平成ガッツ』650円を食べにアジアン食堂に来ました。豚骨ラーメンは喜多方では珍しいですね(^-^)スープの表面に鶏油が浮き一口すすると見た目よりくど過ぎず鶏油がスープ自体をまろやかにして、とてものみやすかったです!具は、ネギ、チャーシュー、メンマの他にみじん切りの玉葱がトッピングされていて(長ねぎがなくても玉葱のみで充分勝負出来ると思います(^-^)v)麺は、店で少し平たく潰したものを使っているとか。喜多方の人に受け入れてもらう為には当然の選択だと思います。私は、いつか低加水のストレート麺で食べられるのを楽しみにしています。喜多方の『ニューウェーブ系』のラーメンと言っても過言ではないと思いますよ!美味しかったですo(^o^)o by万事屋

blog-photoみなさんご存じ、まこと食堂の派生型店『あべ食堂』に来ました。なんと、10年以上ぶりですσ(^◇^;)。。。早速、『中華そば』600円を注文すると、おばちゃんに「しばらくだなぁ(懐)」って言われました(^_^;(昔は夜勤が終わると必ず食べてましたd(^-^))覚えててくれたんだぁ‥☆ヽ(~-~ )(感) 味は、親父さんが作っていた頃に比べると少し大味かなぁ?でもある意味、まこと食堂と線引きができたのでお客さんの好みも分かれるところ。 おばちゃんと交わす会話も昔と変わらず、癒されますねU^ェ^U こちらも地域密着型店と言ってもいいでしょう(笑) by万事屋

blog-photo朝7時前、店には暖簾もでてない‥でもそんなことはお構いなし(^-^)だってここは喜多方。『喜多方時間』なんですから(^-^)v少し位の時間の誤差は問題ないです(笑) 一番乗りで『チャーシューメン』900円を注文しました。勿論、麺かため、チャーシューはバラ肉のみ。今回は画像的にわかりづらくなる為ネギ多めにはしませんでした(笑)。まこと食堂も親父さんの代から娘さんが引き継いだんですが、味も変わることなく美味しいです。o(^o^)oこれからも地元に根差した店であってほしいですね。 by万事屋

blog-photo喜多方市の北部、熱塩加納町にある『大森食堂』に来ました。以前、私が新潟へ釣りに行った帰りに食べてました。(^-^)強烈な煮干しだしのスープの印象だったんですが、今回、私の食べた『中華そば』500円は煮干しの匂いは前より抑られてあっさりめになってました(笑)個人的には以前の方がインパクトがあり好きでしたね。近くには熱塩温泉郷や日帰り温泉施設などがあり、立ち寄られたついでに、食べてみるのもいいでしょう。 by万事屋

blog-photo屋内駐車場には写真のような注意事項が書かれた看板があります。なんとも挑発的な看板に私のチャレンジャー魂に火がつき(`曲´)裏口から出てみることにしました。軽自動車なので道幅の余裕はありますが、片側の草木がボディに当たります(笑)(^_^;あえて通る必要はないですよ(爆)(^ヘ^) by万事屋

blog-photo元 横浜ラーメン博物館に出店した、喜多方中央通りにある『大安食堂』に来ました。店舗は二階で、下(屋内)が駐車場になってます。足の不自由な方やお年寄りには階段は不便のような気がしま(^_^;店内は奥に長くカウンター6席、テーブル席8つと広めの印象で喜多方では珍しい券売機のある店です。早速、『中華そば』550円の食券を買い注文しました。 少々、ブタの背脂が浮いた豚骨ベースのスープに煮干しのだしがきいた、くど過ぎずスッキリした味わいで、朝日屋の中太縮れ麺とよく絡み、具もチャーシュー(バラ肉2枚)、ネギ、メンマ、ナルトでどこか懐かしい、オールドタイプのラーメンです。(^-^)v by万事屋

blog-photo今日は日曜日で家族は爆睡中(_ _)。o○グゥ(そのまま放置(^-^)!)早く起きすぎた私は『まこと食堂』に来ました。朝7時にも拘らず、店内はお客さんでいっぱい!(◎o◎)早速、中華そば600円(麺かため、ネギ多め、チャーシューは全部バラ肉で!)が私のオーダースタイルです。ん~(^~^)やっぱり何度食べても飽きない味です。美味しい~(*^_^*)流石、喜多方を代表する人気店です。 by万事屋

blog-photo一週間もラーメンを食べないと無性に食べたくなるもので、喜多方市マーケット内にある『アジアン食堂』に来ました。今回は『平成チャッチャ』(背あぶら入り中華そば)を注文しました。この店独自に味付けされた背脂がスープと絡んで相性良いですね(^-^)癖になるかも(*^_^*)前回同様、仕事も丁寧で気持ち良く食べることができました。新メニュー『平成ガッツ』も追加していたようなので次回食べてみたいと思います。ご馳走さまでした。( ^o^)♪by 万事屋

blog-photo喜多方市役所裏通りのあずま旅館隣りにある『宗巌』(むねよし)に来ました。『ラーメンは味で勝負!あくまでもここは仮店舗』と豪語する御主人。店内は飾り気のない内装も以前の店のままで少し驚きました(^_^;メニューは『つけそば』と『中華そば』の2種類でそれぞれ大盛もあります。私はお勧めの『つけそば』600円を注文しました。驚いたのは『つけダレ』器の縁にレモンがさしてあり、イメージしていたものとだいぶ違ってました。まずレモンを搾らず一口。ピリカラのコクのあるパンチのきいた濃厚なつけダレに小西の中太縮れめんが良くあいとても美味しいです。さらにレモンを搾って食べてみると、酸味も加わり濃厚なつけダレがさっぱりしとたまた違った味わいになり、こちらも〇です(^-^)喜多方には無い味で、個人的には好きな味です。お勧めできます(^-^)近くには『まこと食堂』があり、あえてハイリスクな場所で4年間も営業している事に感動しました。御主人が 豪語するのは分かる気がします。ラーメンフリークの方は是非! by万事屋

blog-photo喜多方市のマーケット通りにある『アジアン食堂』に来ました。この店は先月にオープンしたばかりの新規参入店です。店内はカウンターのみですが清潔感のあるお店です。メニューはネーミングがユニークで『昭和ゴールデン』(中華そば)と『平成チャチャ』(背あぶら入り中華そば)の2種類のみ。私は『昭和ゴールデン』550円を注文しました。豚骨ベースのスープにほのかに煮干しの香りのするやさしい味に仕上がってます。麺はこの店オリジナルの『朝日屋』のものを使用しているとか。チャーシューはバラ肉3枚がのっていて全体的にすごくまとまったラーメンでしたo(^o^)oカウンターには『煮干し粉』と『揚げ辛子』が置いてあり、お好みで入れることができます。店主に勧められ、ラーメンを半分食べ終わった後に『揚げ辛子』を入れて食べてみると、辛さと香ばしさがスープに加わり良いアクセントになり結構イケますd(^-^)ハマるかも(笑)仕事も丁寧で、勉強熱心な店主に是非とも頑張って頂きたいですね。期待大です。 by万事屋

blog-photo今日は、喜多方市プラザ近くにある「まるうま」に来ました。この店は以前、塩川町にあったお店で一ヶ月前にこちらに移転したそうです。店自体は民家を改造したテーブル席二つにあと座敷中心の家庭的なお店です。私は「味噌ラーメン」650円を注文しました。野菜(キャベツ、ニンジン、にら)をゴマ油で炒めた具にバラ巻きチャーシュー3枚(ほんとは2枚)がのったのが出てきました(笑)尋ねると、チャーシューは「まだかたいから、1枚サービス」だそうです?食べてみると、仕込み不足なのか、マジでかたかったー(涙)味噌は北海道産のを使用してるとのことでしたが私には普通の会津にありがちな味噌ラーメンに思いました(笑)スープはブシ系のだしでとってるそうです。特にブシの匂いも気にならず、飲みやすかったです。麺は、中太で喜多方では珍しい「小西」の麺を使用しており、めんの太さ、コシと個人的に好きな麺なので〇でした。by万事屋※喜多方で新規参入店というだけでもハイリスクですがご健闘を祈ります。

blog-photo喜多方市の49号線沿い喜多方ラーメンの『まつり亭』に来ました。今日はかなり、かなり暑い日だったのですが、何を血迷ったか・・・写真は『あんかけラーメン』700円。どうしても野菜が食べたかったんです!汗だくになりながら食べました!!あんは野菜たっぷりでなかなか麺にたどり着かないほどでした・・・ボリューム満点(^^;)味はやや濃いので、ちょっと喉が渇きました。夏に食べたい方は、お酢を足すとさっぱりでグ~☆です。お肉はほとんど入ってないし、何よりこの季節に食べると汗だくになるので、お腹の出が気になる方でも安心して満足できますよ☆ emo

blog-photo流石にこの季節になるとラーメンはきついですね(^_^;)喜多方市の49号線沿い喜多方ラーメンの『まつり亭』に来ました。写真は『冷やし中華』800円。大体タレの味は同じだと思うので具の話しだけします(笑)コーン、トマト、錦糸卵、ナルト、キュウリ、玉葱と結構な具沢山です。チャーシューは本物を使っていて美味い。まあ、いまどきハムは少ないと思いますが(^_^;)彩りも鮮やか。ただ盛りは少なめに感じました。(^_^;)満足度あー☆☆☆☆☆☆

blog-photo喜多方ラーメンの『喜一(きいち)』に来ました。喜多方新興勢力の一店。写真は1日30食限定の『赤魂(あかだま)』700円。塩ベースのラーメンにニンニクを効かせた赤味噌が乗ってます。少しずつ溶かして食べれば一粒で2度美味しいWテイスト。塩単体でも結構優しいマイルドな旨みで好きなのですが、味噌を溶かすと辛味と共に旨みも増してイケますね。チャーシューもこのラーメン用の厚切りチャーシューで大きいのですが、個人的に喜一のチャーシューは麺、スープに完全に負けてる印象なので、こんなに大きくなくていいかも(^_^;)見た目も味も会津では個性的だよね。満足度あー☆☆☆☆☆☆☆

blog-photo会津若松市門田にある『来夢』に来ました。本店は喜多方市。とろけるチャーシューで一世を風靡した本格派のラーメン店でしたが最近はチェーン展開、店舗数拡大に力を注いでいるようです。第二の幸楽苑になるか!?写真は『じゃんじゃん味噌ラーメン』693円。辛さは五段階あり三段を注文しましたが、辛味と旨みのバランスが良く美味しいく頂けました。店員の接客について一部ネットでの酷評も見られましたが、今日は対応が非常素晴らしく気持ちよく頂けました。難点を一つだけあげるとすればもう少し具が欲しいかな?(^_^;)満足度あー☆☆☆☆☆☆

喜多方ラーメン『松食堂』

blog-photo喜多方ラーメンの『松食堂』に来ました。有名店『坂内』の隣です(^_^;)木材を多用した店内は清潔感があり、掃除も行き届いている印象。メニューは醤油のみで潔い(笑)写真は『チャーシューメン』800円。スープは豚のげんこつでしょうか非常に動物系ダシが強く美味しい。表面には背脂も浮いてますがそれ程しつこくなく、最後まで飲みきれます。チャーシューも歯ごたえを残しつつ丁寧に煮込んであり完成度高い。非常に美味しいラーメンです。そしてこのポジション。恐らく坂内が混んでる為に流れるお客さんも多いかと思いますが、そういったお客さんの期待を裏切らず、更に喜多方ラーメンに満足して帰って頂くという意味でこの場所には必要不可欠なお店だと感じました。満足度あー☆☆☆☆☆☆☆

blog-photo会津若松市駅前ダイユー8の所に新しくOpenした喜多方ラーメン『来夢(らいむ)』に来ました。本店も大改装し、本格的なチェーン化に乗り出したといった所でしょうか。駅前の立地の良さもあってか連日大繁盛のようで私が行った時もほぼ満席状態でした。写真は定番『醤油チャーシュー麺』798円。今までにあったかどうか分かりませんが、店内、メタボ予防に「あっさり喜多方ラーメン」を大きくPRしており確かにあっさり系に変わった印象(^_^;)材料が変わったのか、新店舗でまだスタッフが慣れていないのか分かりませんが、この店キモの『とろけるチャーシュー』が余りとろけてないのが少し残念でした。(^_^;)

blog-photo明けましておめでとうございます。本年も会津の素晴らしいお店を沢山ご紹介して参りますので、何卒宜しくお願いします(^_^)さて今年の初ラーは喜多方ラーメン『あべ食堂』でした(^_^;)お店のおばちゃんの非常元気で丁寧な接客が印象に残る店です(^_^)写真は『チャーシューメン』750円。肉系の強いダシの濃厚スープがこの店の真骨頂。チャーシューはバラとロースが半々で醤油の味がしみて美味しいのですがちょっと豚臭さが気になりました(^_^;)満足度あー☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市字緑町4506 TEL:0241-22-2004


喜多方のラーメン『一平』

blog-photo喜多方ラーメン『一平(いっぺい)』に来ました。朝ラーです(笑)写真は『じとじとラーメン(チャーシュートッピング)』900円。朝から食べるには重すぎ(笑)豚の背脂、透明な脂の膜が1センチくらい浮いてました(^_^;)かなりのこってり系ですが塩味薄めな印象。もう少し濃いめの方が個人的に好きかな。喜多方の中でもかなり個性的なラーメンだと思います(^_^;)満足度あー☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市字常盤台11 TEL:0241-23-0699


blog-photo会津若松市オリンパス通りの『来夢(ライム)』門田店に来ました。喜多方ラーメン。写真は『和豚トロ(特選)チャーシューあぶり焼きラーメン』850円。名前が長い(笑)名物とろけるチャーシューの中でも特に肉厳選してあぶり焼きにしたもの。枚数は少ない(5枚)ものの厚めに切ってあるので食べ応えはあります。ただスープが…暫く来ないうちに味が変わったのか今日たまたまなのか分かりませんが致命的に味が薄かった。まるでお湯のようなスープ。残念。満足度あー☆☆☆☆




住所:会津若松市門田町大字飯寺字村西865-1 TEL:0242-29-0455


blog-photo喜多方ラーメン『喜一(きいち)』に来ました。朝ラーです(笑)このお店は熟成醤油が看板メニューですが、昨晩がっつら飲んでさっぱり系が食べたかったので塩をチョイス(笑)写真は『SIOチャーシュー』850円。 まろやかな甘味のあるすっきりスープ。チャーシューが特徴ありますね。醤油が凄く香ばしく、程よい歯ごたえで美味しい。店内いたるところに、ご主人の写真入りポスターやパンフがありました。結構出たがり?(笑)




住所:喜多方市字大谷地田3923 TEL:0241-24-2480


blog-photo喜多方ラーメン『すがい』に来ました。今は合併した旧塩川町から喜多方に入り最初の喜多方ラーメン店。『老麺会』の加盟店です。写真は『チャーシューメン』800円。豚の強いダシは癖はあるけどスープの旨味が良く出ていてグッド。『こんなに入ってたっけ?』(^_^;)と思うほどの山盛りチャーシューも柔らかく美味しかったです。満足度あー☆☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市豊川町高堂太字西前田2129  TEL:0241-23-3673


blog-photo喜多方にある『まつり亭』に行き、チャーシューメン800円を食べました。麺はしっかりした太麺で食べごたえがあり、ツルツルでした。厚いチャーシューが入っていてびっくり(^_^)他には、ナルトとメンマが入ってます。スープもチャーシューもしょっぱめだけど、おいしかっです(^_^)

ぽぅ



住所:喜多方市豊川町高堂太字西前田2404-1 TEL:0241-23-2439


blog-photo喜多方市の飯坂病院近くのラーメン『ぽんぽこ』に来ました。よどやも発掘した某掲示板で話題になっていたお店。店につくと巨大なたぬきの絵に圧倒されます(笑)メニューを見ると全体的に非常にリーズナブル!写真は『チャーシューメン』650円。豚の強いダシと風味が特徴です。塩をベースにしてるのか凄く澄んだスープはそれだけで食欲をそそるね(^_^)満足度あー☆☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市松山町村松字北原3584 TEL:0241-23-2277


blog-photo喜多方のラーメン店『まんてん』に来ました。小さな蔵を改造したお店は座敷、テーブルのみ16席程のこじんまりとしたお店。お母さん二人が店をきりもりするアットホームな雰囲気です。写真は『チャーシューメン』700円。スープ、麺は普通な感じ。一番の特徴はコラーゲンたっぷりのもちもちしたチャーシュー。豚トロでしょうか?不思議な食感です。これがなかなか美味い!(^_^)満足度あー☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市字天満前8930 TEL:0241-24-4182


blog-photo喜多方ラーメン『はせ川』に来ました。人気ランキング上位常連の人気店。お昼時となれば平日でもお客さんで溢れてます(^_^;)写真は『チャーシュー』750円。実は意外にもたろう倶楽部がスタートしてから行くのは初!4年ぶりくらいかと思いますが前はもっと魚のえぐみが強かった印象がありますが、今日のはすっきり系でほんのり煮干しが香る程度。まぁ食べやすいのでこっちの方が個人的は好き(^_^;)大きめに切られたチャーシューも新鮮で美味い。流石は喜多方の旗艦店。満足度あー☆☆☆☆☆☆☆




住所:喜多方市字大荒井6 TEL:0241-24-5180


blog-photo喜多方のはずれにある喜多方ラーメン『来喜(らいき)』に来ました。喜多方もメジャー処は一巡りした感があり今後は新規開拓をしていきたいですね(^_^;)客層は本当に地元のおじちゃん、おばちゃんが多く、凄くアットホームな雰囲気(笑)写真は『チャーシューメン』735円。野菜と鶏ガラベースのオーソドックスな優しい味。サッパリですが旨味はしっかりあります。良いスープですね(^_^)チャーシューは硬めで少し新鮮さにかける印象でした。満足度あー☆☆☆☆☆

お店の地図はこちら


喜多方ラーメンフェスタ

blog-photo喜多方ラーメンフェスタに来ました。全国各地の有名ラーメン店が喜多方に集結!会場に入ってまず感じたのは色々なラーメンが混じり合った臭い。臭い(笑)価格は全て500円。食券制なので先ず5枚購入し、喜多方以外の各地(札幌、函館、富山、博多、沖縄)を食べましたが、普通に普段食べている会津のラーメンが一番美味いなあという感想でした(^_^;)限られた厨房器具と圧倒的な量を捌かなければならないラーメンイベントではどうしても有名店本来の味は出せないであろうというのが私の結論。本当に美味しいラーメンが食べたければ各地に出向いて実際の店舗で食べみましょう(^_^)


blog-photo喜多方の老舗ラーメン店『坂内(ばんない)』に来ました。喜多方老麺会。喜多方でも珍しい塩ベースのラーメン店です。写真は『肉そば』850円です。麺が見えない程敷き詰められたチャーシューが特徴。スープはあっさりだけど味は良く出ておりもちもちの麺との相性もばっちり。ただチャーシューがたまたまかも知れません鮮度イマイチで豚臭さが出てました。今日は残念(>_<)満足度あー☆☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo喜多方の警察署近くにある『喜一(きいち)』に来ました。元シェフというご主人は軟らかい物腰の方でラーメン屋の親父というイメージから遠く離れた雰囲気(^_^;)非常に丁寧な接客で好感もてました。写真はチャーシューメン850円。熟成醤油とありましたが凄くまろやかな味、特製の平縮れ麺もモチモチ感がありグッド。チャーシューは少し好みの別れる所でしょうか。満足度あー☆☆☆☆☆☆

お店の地図はこちら


blog-photo久しぶりに喜多方に行ってラーメンを食べてきました。『まこと食堂』の中華そば550円です。パッと見て油っこそうだな~と思ったけど、大丈夫でおいしくいただけました。中途半端な時間に行ったのに、結構混んでて、さすが有名所はすごいですね(+_+)

ポゥ

お店の地図はこちら


喜多方のラーメン『大喜』

blog-photo醤油ラーメンが主流の喜多方で珍しく味噌がメインメニューの『大喜(だいき)』に来ました。喜多方老麺会加盟店です。写真は『みそチャーシューめん』750円。サラサラ系ですが、味噌の風味がよく出ていて、非常に美味しいスープ。野菜入りのタンメンだとせっかくの風味が炒めた油でかき消されてしまうようなので個人的には野菜無しをお勧めします(^_^;)チャーシューは脂身多めで柔らか。これも美味い。満足度あー☆☆☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


頓珍館

blog-photo門田町にある頓珍館にきました。
味噌ラーメンを食べました。味が濃くて美味しかったです。麺はふと麺。具はメンマ、チャーシュー、わかめ、ネギ、ゆで卵。でも、ゆで卵がスライスだった!トッピングでくんたま?があったので、普通はスライスなのかな~?
食べ終わってから、お茶を飲みたくなりました(^_^;)
2時くらいに行ったのにお客さんがたくさんいて、ビックリ(*_*)人気店なのね!

くさの

お店の地図はこちら


blog-photo喜多方市になった山都町にある自家製太麺の店『ほがらか食堂』に来ました。山都は美味しい蕎麦の町として全国的にも有名なのでラーメン屋がある事自体が驚き(笑)創業50年、青竹打ちのかなり太い麺が特徴的なお店で人の良さそうなおばあちゃんが一人で作ってました(^_^;)写真はチャーシューメン700円。うどんみたいに太い麺と和風のダシの効いたスープで、本当にうどんを食べている気分に(笑)チャーシューは固く臭み(作り置きし過ぎ)がありちょっと残念な味でした。満足度あー☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo会津ご当地ラーメンシリーズ(笑)今は喜多方市になった蕎麦で有名な山都町にある『じんべい』に来ました。写真はみそラーメン750円。食べた瞬間…甘い(^_^;)丁度モツ炒め定食のような味付けです(^_^;)ご主人に甘さの秘密を訪ねると『砂糖です』というストレートなお答え(笑)食べた瞬間は違和感を覚えましたが食べ進めるうちに『美味いかも?』に変わりました(^_^;)癖のある味ですがまた食べたいと思わせる美味しさがあります。地元産のまろやかな味噌もグッド!会津では珍しい個性的味噌ラーメンだと思います。満足度あー☆☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo />喜多方ラーメンの老舗でチェーン展開も始めている『来夢(らいむ)』に来ました。前は幸楽苑と共に気軽に入れるラーメン屋としてよく利用してましたが最近はめっきりで久しぶり(^_^;)来夢も南京同様店舗によって味が違うという話を良く聞きますがどうなんでしょ?(^_^;)(以前食べた郡山店は味が薄く全く別物という印象でした…)写真はとんこつ醤油チャーシューメン850円。かなりコッテリな写真ですが(笑)食べてみると以外に普通。具はチャーシュー、メンマのみ(ネギもなし)こだわりでしょうか。ウリのチャーシューはとろとろで相変わらず美味い!が今日はスープが有り得ないくらい冷めてた。残念(>_<)満足度あー☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo喜多方ラーメンの『大みなと味平』に来ました。平日ですが非常に混雑しており、注文を取り忘れられたお客さんがいて非常にピリピリした雰囲気に(^_^;)(人気店でよくある光景ではありますが)写真はお店勧めの『チャーシューメン』800円です。具は海苔、メンマ、ナルト等オーソドックスな構成。しっかり味付けされ多少の歯ごたえを残した煮込み具合のチャーシューが非常に美味しかったです。スープは店名から想像していた磯系の味は薄くあっさり目でした。満足度あー☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo喜多方ラーメン老麺会『まつり亭』に来ました。数ある喜多方ラーメン店の中でも大変評判の良い店です。勿論お勧めは醤油だと思いますが、今回はあえて『みそラーメン』700円を注文。スープは通常のスープを味噌でといだだけという印象のサラサラスープで、そこに大量の野菜が乗る会津定番の野菜炒め系。全国的には複数の合わせ味噌や味噌ラーメン専用でスープを開発しているお店が多くなってきているのに会津の味噌ラーメンは正直20年は遅れていると感じます。勿論、喜多方ラーメンの影響もあり醤油で勝負というのも分かりますが、観光客や地元の人だってたまには美味しい味噌を食べたいと思う時があるハズ。是非味噌にも力を入れて頂きたいですね。満足度あー☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


喜多方ラーメン『まこと』

blog-photo昨日飲んだくれたので今日は朝からラーメンです(笑)喜多方ラーメンの有名店『まこと』に来ました。写真は『チャーシューメン』850円。動物系ダシの効いたコッテリスープですがクセはなく、非常に飲みやすい。チャーシューは赤身とバラ肉が半々。牛乳屋食堂もやってますがこれの意味がよくわからん(笑)恐らくコスト削減でしょうが赤身のチャーシューは『もそもそ』でマズイので要らない(>_<)ラーメン自体は美味しかった。満足度あー☆☆☆☆☆☆


blog-photo喜多方老麺会の中で昔から個人的に好きなお店、121号線沿いの『まつり亭』に来ました。写真はチャーシューメン800円。すっきりで旨味が凝縮された透明スープは最後まで飲みきれる味。チャーシューもバラ肉の柔らかさと、醤油の香ばしさがうまくマッチして非常に美味しいです。難点としては塩分高めな事かな?(^_^;)アットホームな雰囲気で家族連れが多いのも印象的ですね。満足度あー☆☆☆☆☆☆


お店の地図はこちら


blog-photo喜多方ラーメンの人気店『さゆり食堂』に来ました。店内に入ると煮干の良い香りが。有名店特有の、効率を優先した接客…悪く言うと愛○の悪さ(笑)をちょっとだけ感じつつ(^_^;)チャーシューメン750円を注文。スープは色からも分かる通りコッテリ系でかなりしょっぱい(>_<)チャーシューは柔らかくしっかりと味付けがされており美味しかったです。お店のお勧めはチャーシューメンと野菜たっぷり味噌ラーメンだそうで。土日はとにかく混んでるので平日がお勧めですね(^o^)満足度あー☆☆☆☆☆


blog-photo来夢(猪苗代)外観


blog-photo今まで投稿してそうでしてなかった喜多方ラーメン『来夢(ライム)※猪苗代店』に来ました。このお店の評価でよく言われるのが『しょっぱい』(笑)スープ自体はそうでもないのですが、この店の売りになっている『とろけるチャーシュー』の味が濃く、時間とともにそれがスープにも落ちてくるのだと思います。ただ個人的には濃い味が好きなので(^_^;)来夢はアリ。写真は『醤油チャーシューメン』750円。余り注目される事が少ないですが、スープも肉、野菜、魚のダシがバランス良く配合されていて美味いよね(^o^)満足度あー☆☆☆☆☆☆


喜多方ラーメン『すがい』

blog-photo喜多方ラーメン『すがい』に来ました。かなり久しぶり。写真はチャーシューメン800円。相変わらず動物系ダシが良く出ていて美味しかったです。その他、美味いと噂のもつ煮込み(小ばち)300円を注文。しかし・・・駄目食えない(>_<)、好きな人はたまらないのでしょうが、モツの臭いが強烈すぎ(>_<)自分で作る場合は煮汁を4、5回代えて臭みを和らげてますがこれはストレートに煮た感じですね。モツ上級者向け(笑)満足度あー☆☆☆☆

お店の地図はこちら


喜多方ラーメン『あべ食堂』

blog-photoあべ食堂外観


喜多方ラーメン『あべ食堂』

blog-photo喜多方老麺会『あべ食堂』に来ました。老舗店です。写真はチャーシューメン750円。肉系の強いダシと背油たっぷりのコクのあるスープは◎しかし、チャーシューが駄目。臭い(>_<)麺も少し伸び気味でした。。。満足度あー☆☆☆☆


喜多方ラーメン『生江食堂』

blog-photo生江食堂外観


喜多方ラーメン『生江食堂』

blog-photoメリークリスマス(笑)喜多方老麺会『生江食堂』に来ました。写真はチャーシューメン680円。具はナルト、海苔、ネギ、メンマ、チャーシューで、チャーシューは脂身の少ない部位で少々固め。スープは野菜の甘みたっぷりの優し味で、鰹節が入ってるのか、ちょっと和風テイスト。肉や魚の強いダシが多い喜多方ラーメンの中にあっては珍しいスープだと思います。美味い(^o^)満足度あー☆☆☆☆☆☆


喜多方ラーメン『一平』

blog-photo一平外観


喜多方ラーメン『一平』

blog-photo喜多方老麺会『一平』に来ました。一平と言えば背油たっぷりの『じとじとラーメン』が有名ですが今日は敢えて『チャーシューメン』750円を注文(^_^;)肉系の強いダシが出たコッテリスープで飲みきるは難しいと思いますが(^_^;)美味しかったです。具はナルト、メンマ、ネギ、チャーシュー。チャーシューは口の中でとろけ、激ウマですよ(^o^)満足度あー☆☆☆☆☆☆


blog-photoほまれ食堂外観


blog-photo焼き餃子450円。ちょっと高いかな?(>_<)ただ担々麺とセットだと1000円になり、150円のお徳です(^_^;)餃子はかなり大きめで食べごたえあり。『あん』はにんにくが効いてて南京に近い感じかな。


blog-photo雪降る中、喜多方老麺会『ほまれ食堂』に来ました。会津熱塩温泉内にあります。写真は担々麺700円。写真で見るともの凄く辛そうですが(^_^;)実際に食べてみると、それほどではありませんでした(^_^;)具はワカメ、挽き肉、ネギのみ。ちょい寂しいです。この手のラーメンは辛味でスープ本来の味か誤魔化されてる場合が多いような気がしますが(爆)此処も辛さの奥にある旨味はそれ程感じられませんでした。ちょっと磯臭ささがあったので煮干は入ってるかも。寒い冬にはお勧め(^_^;)満足度あー☆☆☆☆


喜多方ラーメン『坂内食堂』

blog-photo坂内食堂外観


喜多方ラーメン『坂内食堂』

blog-photo今日は朝からラーメンを食べましたよ(笑)早朝、喜多方ラーメン老舗『坂内食堂』に来ました。此処は朝の7時からやってます(^_^;)会津で知らない人は居ない『喜多方ラーメン』を全国に知らしめた店で、私ももう20年以上通ってます(^_^;)写真は肉そば850円。麺が見えなくなる程敷き詰められたチャーシューとあっさり系塩味のスープが特徴。具は肉、メンマ、ネギのシンプル構成。喜多方一の有名店なので最近は味が変わったとか色々言われたりはしてますが(^_^;)私は好きです。これだけ毎日色々なお店のラーメンを食べていても、ふと、坂内のラーメンが無性に食べたくなる時がある。ある意味私の原点と言えるラーメンなのかも?(^_^;)満足度あー☆☆☆☆☆☆☆





Copyright (c) 2002-2008 tarouclub. All Rights Reserved.